重要なお知らせです。

 石川県西田幾多郎記念哲学館からのお願い
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当館では新型コロナウィルス感染拡大防止に取り組んでまいります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 ご利用の際は、当館での感染拡大防止の取り組みについてご協力をお願いいたします。
※貸館の予約については「新しい生活様式」により利用者制限を設けておりますので必ず予約の際にご確認ください。
※今後の感染の状況により期間が変更となる場合があります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますよう何卒お願い申し上げます。
 新型コロナウィルス感染症による当館イベントの状況について
 現在、新型コロナウィルス感染症に伴うイベントの開催変更はありません。
 過去の対応状況はこちら
 ただし、今後の感染状況によっては急遽、変更・中止の場合があります。
 その際はホームページ・FaceBook等でお知らせいたします。

近日開催の講演会・講座・各種イベント

第42回夏期哲学講座

日時:令和4年8月20日(土)13:30~21日(日)16:30
講師 
 秋富 克哉 氏(あきとみ・かつや/京都工芸繊維大学教授)
 佐野 之人 氏(さの・ゆきひと/山口大学特命教授)
 脇坂 真弥 氏(わきさか・まや/大谷大学教授)
定員:40名
受講料:10,000円〔一般〕 6,000円〔学生/かほく市民〕
申込締切:令和4年7月31日(日)

夏期哲学講座の詳細・申込につきましては募集要項・参加申込書をご覧ください。
 →第42回夏期哲学講座募集要項
 →参加申込書
公開講演会   
講演会  ソポクレス『オイディプス王』考 
一つの哲学的アプローチ 
日時 8月21日(日)
14:30~16:00
講師  秋富 克哉 氏
(京都工芸繊維大学教授) 
研究会   
   講師 8月20日(土)研究会Ⅰ
14:15~17:15 
8月21日(日)研究会Ⅱ
9:00~12:00
A 秋富 克哉 氏 ハイデッガーの「形而上学と
は何か」を読む
西田幾多郎の生命論 
B 佐野 之人 氏 道徳宗教の躓きから「善の研究」
書初めまでに何があったのか? 
ヘーゲル『大論理学』
有・無・成の弁証法を読み直す
C 脇坂 真弥 氏 人間の生の被贈与性
マイケル・サンデル
『完全な人間を目指さなくてもよい理由』を手掛りに
創造的注意とは何か
シモーヌ・ヴェイユにおける「注意」の概念から

企画展「20年間の新収蔵品展」

会期:令和4(2022)年3月23日(水)~9月25日(日)

平成14年6月に開館した石川県西田幾多郎記念哲学館は、今年で20周年を迎えます。
この20年間に新収蔵した資料の中から、選りすぐりの未公開資料を展示します。
資料の伝来から幾多郎の人柄がみえる寄贈品や、新資料の発見により判明したエピソードなど、長い歴史がある人物記念館ならではの資料も紹介します。
絶筆「私の論理について」、未発表原稿も初公開!この機会をお見逃しなく。

◇同時開催「西田哲学館 20年の歩み展」
開館から現在に至るまでの歩みを、当時の写真や資料とともにふり返ります。
会期:令和4(2022)年5月19日(木)*幾多郎誕生日 ~7月18日(月・祝)
場所:石川県西田幾多郎記念哲学館 ホワイエ【観覧無料】

 2022年度寸心読書会
『西田幾多郎講演集』を読む―「生と実在と論理」―
 
 1947年から続いている、一般の人を対象とした読書会です。
 西田幾多郎の講義や講演を収録した講演集を読み進めます。
 初めて読む方も、一人ではなかなか読むことができないという方も、お気軽にご参加ください。
講 師  山本 英輔 氏(金沢大学教授)
定 員  50名 ※要申込、先着順(年間受講できる方)
参加費  無料
テキスト 『西田幾多郎講演集』(岩波文庫)
      テキストをご持参ください。哲学館でも購入できます。
時 間  13:30~15:00
期日 期日 「生と実在と論理」とは
『西田幾多郎講演集』(岩波文庫)に収録されているテキストの一つで、西田が定年退官後の1932年、大学の門下生たちに請われて京大講堂で行った、全3回の講演会の記録です。この講演会の中で西田は、生・実在と結びついた論理をもとめて、時間、人格、自己、欲望、身体、愛等々について論じています。
 年度内に「生と実在と論理」を読み終えた場合は、岩波文庫『西田幾多郎講演集』に収録された他の講演録を読み進めます。
第1回 4月16日(土) 第6回 11月26日(土) 
第2回 5月28日(土) 第7回 12月17日(土) 
第3回 6月18日(土) 第8回 1月21日(土)
第4回 7月16日(土) 第9回 2月18日(土)
第5回 10月22日(土) 第10回 3月18日(土)

 【2022年度 西田幾多郎哲学講座】年10回
 
 

1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。様々な角度から哲学・宗教・芸術・倫理などについて学びます。1回から受講できますので、気軽にご参加ください。

 
受講料 1回:500円、年間:2,000

4回以上参加予定の方は、年間受講がお得です。

※各回受講から年間受講への変更はできませんので、ご注意ください。

※講座が中止になった場合、年間受講料の返金はいたしかねますのでご了承ください。

受講をご希望の方は、住所・氏名(フリガナ)・電話番号を、葉書・電話・FAXE-mailなどにて、お申し込みください。

各回受講:各講座の1ヶ月前から受付を開始します。

年間受講:申し込みは随時受け付けております。

5月21日(土)
13:30~15:30  
哲学館と西田哲学の20年
 -人間像と思索の変遷を辿る- 
浅見 洋 氏
石川県西田幾多郎
記念哲学館館長
7月2日(土)
開催決定
13:30~15:30
神秘主義思想家ヤ-コプ・ベーメの生涯とその時代   岡村 康夫 氏 
山口学芸大学教授
山口大学名誉教授

7月3日(日)
開催決定
10:00~12:00
ヤーコプ・ベーメの思想 -無底と戯れ-
10月15(土)
13:30~15:30
井筒哲学入門① 
禅思想の「二重の見」:三段階モデル
西平 直 氏
上智大学グリーフケア
研究所副所長(大阪)
京都大学名誉教授
 
10月16日(日)
10:00~12:00
井筒哲学入門② 
華厳思想の「二重の見」:理事無礙(りじむげ)事事無礙(じじむげ)
11月12日(土)
13:30~15:30
責任と非難の倫理学
人と人との関係を/から考える
佐々木 拓 氏
金沢大学准教授
12月3日(土)
13:30~15:30
夏目漱石
《だらしない自然》のリアリズム
伊藤 徹 氏
京都工芸繊維大学教授
 
12月4日(日)
10:00~12:00
是枝裕和 傷ついた家族たち
3月11日(土)
13:30~15:30
哲学とは何か? 中村 昇 氏
中央大学教授
 
 
3月12日(日)
10:00~12:00
言語とは何か?

このページの先頭へ