6月の休館日 3日 10日 17日 24日 7月の休館日 1日 8日 16日 22日 29日 ※2019年度の休館日はこちらです。

近日開催の講演会・講座・各種イベント



【2019年度 第39回夏期哲学講座】

恒例の夏期哲学講座を、 今年は8月10日(土)~12日(月・休)にかけて行います。夏休み、お盆休み等を利用しての参加を検討してみてください。詳細のご案内はこちらです。
お申し込みに際しては、この申込書をご利用ください。

申込書をダウンロードして必要項目を記入し、郵送、メール、FAXにて哲学館までお申し込みください。申込受付後に、受講料振込用紙をお送りいたします。
■日時:2019年8月10日(土)13:30~12日(月・休)15:15
■会場:石川県西田幾多郎記念哲学館
■定員:65名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
■受講料:〔一般〕15,000円 〔学生/かほく市民〕10,000円
    ※11・12日の昼食と10・11日の夕食の計4回分の食事がつきます。
    ※宿泊を希望される方は、別途に宿泊費が必要となります。
■宿泊方法:
  ◎合宿 ・場所:哲学館に隣接の「かほく市宇ノ気老人福祉センター」にて。
      ・申込:講座申込時に「合宿を希望する」としてください。
      ・定員:40名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
      ・費用:2泊5,000円 ※11・12日の朝食、計2回分の食事がつきます。
  ◎旅館 旅館は各自でご予約ください。
■申込締切: 2019年7月21日(日)
    →その他詳細は、こちらをご覧ください。
公開講演会
講演会Ⅰ 「京都禅哲学」の諸相
 -『十牛図』から見た西田・西谷・上田の「場所」論再考-
日時 2019年8月10日(土)
     14:00~16:00
講師 森 哲郎 氏(京都産業大学教授)
講演会Ⅱ 西田における絶対無と個 日時 2019年8月11日(日)
     14:45~16:45
講師 美濃部 仁 氏(明治大学教授)
※公開講演会は夏季哲学講座受講者以外も聴講できます。 一回500円/申込不要
研究会
講師 8月11日(日)研究会Ⅰ 8月12日(月・休)研究会Ⅱ
A 美濃部 仁 フィヒテ『人間の使命』を読む
-良心の声とは何か-
西田とジェイムズの純粋経験
B 大橋 容一郎 西田の『哲学概論』に見る
「形而上学」
-ブッセ、ロッツェと純粋哲学-
音楽と哲学
-近代の西洋音楽と哲学思想との関係-
C 大熊 玄 精神分析から見た禅 鈴木大拙の「無心」とはなにか
D 鈴木 亮三  西田幾多郎『善の研究』宗教編を読む 自分自身から問い直す信仰の行方
-西田幾多郎から高橋里美まで- 
石井 砂母亜 人間はなぜ裸でいられないのか?
-自他を切り結ぶ繋ぎ目としての「衣」-
三木清『人生論ノート』を味わう
-「幸福」「嫉妬」「希望」「死」-
 

【西田幾多郎生誕の地・ゆかりの地交流事業】

「西田幾多郎と東北大学ゆかりの人々」

東北帝国大学は明治40(1907)年、全国で三番目に作られた帝国大学です。西田幾多郎の恩師である北条時敬が総長の時、帝国大学として初めて女性の入学を認め、幾多郎の姪・高橋ふみも東北帝大で哲学を学びました。東北帝大では大正11(1922)年に法文学部が設立される以前から、理科大学(理学部)の「科学概論」講座で田辺元、高橋里美、三宅剛一などの哲学者たちが活躍しました。幾多郎自身も、昭和10(1935)年に講演に訪れています。

学都・仙台で活躍したゆかりの人々と、現在の東北大学に受け継がれている哲学研究の特徴を、東北大学とふるさと石川に残る資料とともに紹介します。


◎展示会(期間内無休)
 2019年7月1日(月)~7月31日(水)10:00~17:00
 東北大学史料館
 入場料無料、申込不要

◎講演会
 2019年7月13日(土)13:00~15:30(開場12:30)
 東北大学 片平さくらホール 2階・会議室
 定員/100名、参加費/無料、申込/要申込(先着順)
【講師】
 野家 啓一(東北大学名誉教授)「東北大学と科学哲学の伝統」
 加藤 諭(東北大学史料館准教授)「東北帝国大学草創期における法文学部」
◎キャンパスツアー
 2019年7月13日(土)10:00~11:30
 東北大学 片平キャンパス
 定員/20名、参加費/無料、申込/要申込(先着順)

※講演会とキャンパスツアーは、それぞれ定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※講演会、キャンパスツアーのお申し込み、お問合せは、哲学館までお願いします。(チラシの裏の申込書をご利用いただけます。)
※お申し込みの際には、恐れ入りますが、お名前・ご住所・電話番号をお伝え願います。

【比較思想学会 公開講演会】

今回かほく市が後援する比較思想学会の第46回大会が6月15日、16日の二日間、当館で行われます。パネルディスカッション、基調講演、シンポジウムは広く無料にて公開されますので、ご興味のかたは、ぜひいらしてください。詳細のスケジュールはこちらをご覧ください。

6月15日(土)15:00~17:00「世界哲学をリードする日本哲学」
■パネルディスカッション
 中国と台湾の日本哲学研究
        張 政遠(香港中文大学)
 ブラジルの日本哲学研究
        フェリペ・フェハーリ(名古屋外国語大学)
 東ヨーロッパの日本哲学研究
        ロマン・パシュカ(京都大学)
 司会:井上 克人(関西大学教授)
 コメンテーター:納富 信留(東京大学教授)
6月16日(日)13:00~16:00「西田幾多郎と鈴木大拙-比較思想の視座から-」
■基調講演「西田幾多郎と鈴木大拙-親鸞という交差点-」
 講師:木村宣彰(鈴木大拙館館長/大谷大学名誉教授)
■シンポジウム
 ショーペンハウアーとの関連から見た西田幾多郎と鈴木大拙
            横田 理博(九州大学大学院教授)
 「世界」と「霊性」-世界形成と平和の問題をめぐって-
            水野 友晴(日独文化研究所事務局長)
 E.フロムと鈴木大拙-戦後東西思想の影響の一側面-
            大熊 玄(立教大学准教授/西田幾多郎記念哲学館副館長)
 司会:浅見 洋(西田幾多郎記念哲学館館長/石川県立看護大学特任教授)

【企画展】

「西田幾多郎の就活」 2019/3/26(火)~9/23(金)
“まず何かにて出京いたし その後は又どうにかなるならんなと考へ候”

西田幾多郎は、実は三十九歳で学習院に赴任するまで、自身が納得する職には恵まれず就職活動をし続ける半生でした。次々と身に起こる出来事に振り回されながらも、幾多郎はその都度奮起してさらなる向上を目指します。最初は語学(ドイツ語・英語)教師ばかりでしたが、最終的には希望する「哲学」を研究し教える立場になっていきました。時には弱気になりながらも、友人や恩師に助けられ職を転々とする日々。

大哲学者にもあった、苦難の就活時代を紹介します。

【関連講座】
2019/5/18(土)13:30~15:30 <終了いたしました。>
娘の死と『国文学史講話』-西田幾多郎と藤岡作太郎の交友-
講師:上田 正行(徳田秋聲記念館館長、室生犀星記念館館長)
参加費:500円、申込不要 *西田幾多郎哲学講座年間受講生は無料

西田幾多郎の盟友・藤岡作太郎(国文学者)、学生時代から成績優秀で早くに東大助教授となっていた作太郎を頼り、幾多郎は度々就職の相談をしています。ともに娘を亡くした経験ももつ、幾多郎と作太郎の交友についてお話しいただきます。

【2019年度 寸心読書会・西田幾多郎『善の研究』を読む】
   -第三篇「善」、第四編「宗教」-
    *定員に達しました。現在キャンセル待ちの状況です。

第3回 6月29日(土)13:30~15:30 善行為の目的(善の内容)

【2019年度 西田幾多郎哲学講座】

7月6日(土)13:30~ 文化財修復と仏教思想
              石川県文化財保存修復工房修復家 川口 法男

【第十七回西田幾多郎博士作品を吟ずる全国吟詠大会】

本大会は、西田幾多郎の遺した詩を吟題にした全国大会で、例年多数の出吟者が日頃の修練の成果を発表しています。
高校生以上で、吟詠が好きな方であればどなたでも出吟していただけます。
皆様のご参加をお待ちしております。

出吟されない方でもご自由にご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

〈開催要項(くわしくはこちらをご覧ください)〉

日  時:令和元年9月1日(日) 午前9時開場、午前9時20分開演
場  所:石川県西田幾多郎記念哲学館 哲学ホール
定  員:160名
吟  題:指定吟題より1題を選んで吟じてください(符付けは自由)。
     指定吟題は、こちらをご覧ください。
     なお、吟詠時間は一人2分以内です。
参加出吟料:3,000円(昼食代含む)
     出吟料は、お申し込みと同時に哲学館へ直接お支払いするか、
     次の口座をご利用ください。
     〔郵便振替口座:00740-6-74059〕石川県西田幾多郎記念哲学館
 ※出吟料の入金を確認した時点で、正式にお申し込みを受付いたします。
 ※出吟キャンセルされても、お支払いされた出吟料はご返金できかねます。
  なにとぞご容赦願います。
申込方法:こちらの申込用紙をご記入の上、哲学館にご提出願います。
 提出先 石川県西田幾多郎記念哲学館
     〒929-1126 石川県かほく市内日角井1番地
     TEL (076) 283-6600 FAX (076) 283-6320
申込締切:令和元年6月30日(日)
 ※締切日前でも、定員に達した場合は申込受付を終了いたします。
開催要項> <指定吟題> <申込用紙

お知らせ

【開館時間のご案内】

開館時間: 9:00~21:00(入館は20:30まで)
休館日:  月曜日 <祝日の場合は翌平日>
      年末年始<12月29日~1月3日>・展示室の入替期間
                         ・メンテナンス期間
      詳しくは、こちらをご覧ください。
展示室:  9:00~17:30(入室は17:00まで)
喫茶テオリア営業時間: 10:00~21:00(ラストオーダー20:30)

2019年度 西田幾多郎記念哲学館 友の会 入会のご案内

皆様にとって西田幾多郎記念哲学館がより親しみやすく利用しやすいものとなるように、「友の会」をつくっています。ぜひご入会を検討してみてください。

会員の種類

◎一般会員/年額2,000円 ◎特別会員/年額10,000円(1口)
<期限:2019年4月1日~2020年3月31日>

特典

  1. 観覧パスポート(会員証)を1枚さしあげます。<特別会員は3枚>
  2. 会員証の提示により、年間を通じてご本人と同伴者1名まで、展示室の観覧が無料となります。
  3. 会員証の提示により、喫茶室「テオリア」の利用が1回につき、50円割引されます。
  4. 雑誌『点から線へ』をお届けします。
  5. 広報誌『哲学館ニュース』をお届けします。
  6. 哲学館の事業に関するご案内をお届けします。
  7. 一部事業に優待参加できます(割引・招待)。
  8. 会員証の提示により、鈴木大拙館(金沢市)の入館が無料となります(本人のみ)。

お申し込み方法

1.申込み用紙にご記入いただき、哲学館にて会費をお納めください。後日、会員証をお送りします。
2.郵便振替用紙に、ご希望の会員の種類、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入の上、以下の口座にお振込みください。手続き終了後、会員証をお送りします。
(会員証がお手元に届くまで振込用紙を保管しておいてください)
振込先 口座番号:00740-6-74059
    口座名:石川県西田幾多郎記念哲学館
お問合せは、当館までお願いします。

【収蔵品のご案内】

収蔵品データベースを構築しました。哲学館が所蔵する資料を検索できます。

【宿泊施設利用助成】

当館をゼミ等で利用しかほく市内に宿泊する学生団体に宿泊料金を助成します。

哲学館刊行品のご案内

【西田幾多郎未公開ノート類研究資料化報告1(2017)刊行

哲学館では2015年秋、西田幾多郎の遺族宅にて発見された西田の直筆資料の修復、翻刻のプロジェクトを進めておりますが、このたび、これまでのプロジェクトの経過と成果をまとめた報告書を刊行いたしました。
「報告1」には「修復と翻刻の経緯」、プロジェクト関係者の「寄稿」およびプロジェクトで翻刻した西田の倫理学講義ノート第一分冊の「翻刻」を収録しています。
哲学館にて1500円で販売しておりますので、ご来館いただくか、お問い合わせください(こちらから抜粋したものをご覧いただけます)。

ちょっと一言

Facebookにも載せましたが、立山連峰がきれいに見えています。(1月4日) 

2019年度の講座

【2019年度 西田幾多郎哲学講座】年10回

1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。様々な角度から哲学・宗教・芸術・倫理などについて学びます。
1回から受講できますので、気軽にご参加ください。

受講料 1回:500円、年間:2,000円
 ※4回以上参加予定の方は、年間受講がお得です。

年間受講をご希望の方は、住所・氏名(フリガナ)・電話番号を、葉書・電話・FAX・E-mail などにて、お申し込みください。申込は、随時受け付けております。よろしければ、この申込書をご利用ください(PDF/Excel)。
(一回だけの受講であれば、お申し込みは特に必要ありません。)
4月27日(土)
13:30~15:30
西田幾多郎の親鸞理解-「知と愛」について- 浅見 洋 氏
石川県西田幾多郎
記念哲学館館長
5月18日(土)
13:30~15:30
娘の死と『国文学史講話』
-西田幾多郎と藤岡作太郎の交友-
上田 正行 氏
徳田秋聲記念館館長
7月6日(土)
13:30~15:30
文化財修復と仏教思想 川口 法男 氏
石川県文化財保存
修復工房修復家
9月7日(土)
13:30~15:30
プロティノスの哲学と美 樋笠 勝士 氏
岡山県立大学教授
9月8日(日)
10:00~12:00
アウグスティヌスの哲学と美 樋笠 勝士 氏
岡山県立大学教授
10月19日(土)
13:30~15:30
スピノザ哲学入門1 國分 功一郎 氏
東京工業大学教授
10月20日(日)
10:00~12:00
スピノザ哲学入門2 國分 功一郎 氏
東京工業大学教授
2月8日(土)
13:30~15:30
崇高とは何か-カント『判断力批判』から考える- 星野 太 氏
金沢美術工芸大学講師
3月7日(土)
13:30~15:30
京都学派の二人の創設者-西田幾多郎と田辺元の出会い- 嶺 秀樹 氏
関西学院大学名誉教授
3月8日(日)
10:00~12:00
西田・田辺論争-批判と応答- 嶺 秀樹 氏
関西学院大学名誉教授

【2019年度 寸心読書会】年10回<定員に達しました。キャンセル待ちになります。>

『善の研究』を読む-第三編「善」-、第四編「宗教」-

講  師 山本 英輔 氏(金沢大学教授)
定  員 35名 ※要申込、先着順(年間受講できる方)
参 加 費 1回200円(飲食代含む。)
      ※消費税増税に伴い変更の可能性があります。
テキスト 西田幾多郎『善の研究』 テキストをご持参ください。哲学館でも購入できます。
本講座は、申込者多数となる可能性があります。出来る限り多くの方に受講いただきたいため、欠席されたり、後々継続参加されなくなった場合は、分かり次第お知らせいただけると幸いです。
 
4月20日(土)
13:30~15:30
人格的善 「善」第十章
5月25日(土)
13:30~15:30
善行為の動機(善の形式) 「善」第十一章
6月29日(土)
13:30~15:30
善行為の目的(善の内容) 「善」第十二章
7月20日(土)
13:30~15:30
完全なる善行 「善」第十三章
10月12日(土)
13:30~15:30
宗教的要求 「宗教」第一章
11月9日(土)
13:30~15:30
宗教の本質 「宗教」第二章
12月21日(土)
13:30~15:30
「宗教」第三章
1月18日(土)
13:30~15:30
神と世界 「宗教」第四章
2月15日(土)
13:30~15:30
知と愛 「宗教」第五章
3月14日(土)
13:30~15:30
西田の倫理・宗教思想 -まとめ-  -

平成30年度の講座

 

【平成30年度 西田幾多郎哲学講座】年10回

1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。様々な角度から哲学・宗教・芸術・倫理などについて学びます。
1回から受講できますので、気軽にご参加ください。

受講料 1回:500円、年間:2,000円
 ※4回以上参加予定の方は、年間受講がお得です。

住所・氏名(フリガナ)・電話番号を、葉書・電話・FAX・E-mail などにて、お申し込みください。申込は、随時受け付けております。
4月28日(土)
13:30~15:30
後期西田哲学とキリスト教-終末論について- 浅見 洋 氏
石川県西田幾多郎
記念哲学館館長
5月19日(土)
13:30~15:30
出会いに行く哲学者-臨床哲学入門- 中岡 成文 氏
大阪大学元教授
5月20日(日)
10:00~12:00
私と出会うための西田幾多郎 中岡 成文 氏
大阪大学元教授
7月28日(土)
13:30~15:30
ヘレニズム時代の哲学(1)-幸福とは何か- 金山 弥平 氏
名古屋大学教授
7月29日(日)
10:00~12:00
ヘレニズム時代の哲学(2)-懐疑とは何か- 金山 弥平 氏
名古屋大学教授
9月29日(土)
13:30~15:30
核時代のテクノロジー論-ハイデガー(1)物と世界- 森 一郎 氏
東北大学教授
9月30日(日)
10:00~12:00
核時代のテクノロジー論-ハイデガー(2)危機と転回- 森 一郎 氏
東北大学教授
11月24日(土)
13:30~15:30
ハンナ・アーレント-政治の基礎としての「共通感覚」- 仲正 昌樹 氏
金沢大学教授
1月26日(土)
13:30~15:30
手で考える、芸術創作の構造 川上 明孝 氏
金沢市立安江金箔
工芸館館長
3月2日(土)
13:30~15:30
人生の四季-三木清の春夏秋冬- 宮島 光志 氏
富山大学教授

【平成30年度 寸心読書会】年10回

『善の研究』を読む-第三編「善」-

講  師 山本 英輔 氏(金沢大学教授)
定  員 35名 ※要申込、先着順(年間受講できる方)
参 加 費 1回200円(飲み物代)
テキスト 西田幾多郎『善の研究』 テキストをご持参ください。哲学館でも購入できます。
本講座は、申込者多数となる可能性があります。出来る限り多くの方に受講いただきたいため、欠席されたり、後々継続参加されなくなった場合は、分かり次第お知らせいただけると幸いです。
 
4月21日(土)
13:30~15:30
行為 上 第一章
5月26日(土)
13:30~15:30
行為 下 第二章
6月16日(土)
13:30~15:30
意志の自由 第三章
7月14日(土)
13:30~15:30
価値的研究 第四章
10月13日(土)
13:30~15:30
倫理学の諸説 その一 第五章
11月17日(土)
13:30~15:30
倫理学の諸説 その二 第六章
12月22日(土)
13:30~15:30
倫理学の諸説 その三 第七章
1月19日(土)
13:30~15:30
倫理学の諸説 その四 第八章
2月16日(土)
13:30~15:30
善(活動説) 第九章
3月16日(土)
13:30~15:30
西田の倫理思想 -まとめ-  -

 







このページの先頭へ