平成29年度に開催の講座


 

【平成29年度 西田幾多郎哲学講座】年10回

4月15日(土) 女性哲学者のフロンティア-高橋ふみ- 浅見 洋 氏
石川県西田幾多郎
記念哲学館館長
5月20日(土) 西田幾多郎、平塚らいてう、鈴木大拙-性と禅体験- 遊佐 道子 氏
西ワシントン大学教授
5月21日(日) 伝記を書く
-幾多郎・大拙-
遊佐 道子 氏
西ワシントン大学教授
7月1日(土) 女性の姿をした仏たち-その信仰と美術- 森 雅秀 氏
金沢大学教授
9月30日(土) 「哲学」の基礎を作ったひと
-アリストテレス(1) どう生きるか-
中畑 正志 氏
京都大学教授
10月1日(日) 「哲学」の基礎を作ったひと
-アリストテレス(2) <ある>とはなにか-
中畑 正志 氏
京都大学教授
11月4日(土) -問答の宗教- 小川 隆 氏
駒澤大学教授
11月5日(日) 禅問答の思想史 小川 隆 氏
駒澤大学教授
12月9日(土) いのちについて考える-iPS細胞の倫理学- 盛永 審一郎 氏
富山大学名誉教授
2月24日(土) ある教育学論-西田幾多郎と木村素衞の場合- 輪島 道友 氏
金沢ふるさと偉人館館長


【平成29年度 寸心読書会】 年10回

『善の研究』を読む-第二編「実在」

4月22日(土) 考究の出立点 第一章
5月27日(土) 意識現象が唯一の実在である 第二章
6月17日(土) 実在の真景 第三章
7月22日(土) 真実在は常に同一の形式を有っている 第四章
10月21日(土) 真実在の根本的方式 第五章
11月18日(土) 唯一実在 第六章
12月16日(土) 実在の分化発展 第七章
1月20日(土) 自然 第八章
2月17日(土) 精神 第九章
3月17日(土) 実在としての神 第十章
講  師 山本 英輔 氏(金沢大学教授)
テキスト 西田幾多郎『善の研究』

平成28年度に開催した講座


 

【平成28年度 西田幾多郎哲学講座】年10回

4月30日(土) 田辺元「死の哲学」とはどういう哲学か? 浅見 洋 氏
石川県立看護大学教授、西田哲学館館長
5月21日(土) 絶望と哲学-西谷啓治の哲学的発足点- 美濃部 仁 氏
明治大学教授
5月22日(日) 人はどのようにして自分の生を肯定できるか
-西谷とニーチェ、エックハルト、禅など-
美濃部 仁 氏
明治大学教授
8月6日(土) イスラームと国際社会-歴史と現在- 村上 良夫 氏
元北陸大学教授
9月10日(土) 日本において仏教は、どのように受けとめられたのか
-仏教説話集を手がかりとして-
藤村 安芸子 氏
駿河台大学教授
9月11日(日) 出家を志す女君たち-『源氏物語』と仏教- 藤村 安芸子 氏
駿河台大学教授
10月9日(日) ニアミスする明治の精神
西田幾多郎と夏目漱石-東大本科と選科-
小林 敏明 氏
ライプツィヒ大学教授
10月10日(月祝) ニアミスする明治の精神
西田幾多郎と夏目漱石-純粋経験と禅思想
小林 敏明 氏
ライプツィヒ大学教授
10月22日(土) ギリシアにおける哲学者の誕生 納富 信留 氏
東京大学教授
10月23日(日) 日本人はギリシア哲学をどう読んできたか 納富 信留 氏
東京大学教授


【平成28年度 寸心読書会】 年12回

『善の研究』を読む-第四編「宗教」、第一編「純粋経験」-

4月10日(日) 宗教的欲求 第四編「宗教」第一章
5月8日(日) 宗教の本質 第四編「宗教」第二章
6月12日(日) 神① 第四編「宗教」第三章
7月17日(日) 神② 第四編「宗教」第三章
8月7日(日) 神と世界 第四編「宗教」第四章
9月18日(日) 純粋経験① 第一編「純粋経験」第一章
10月16日(日) 純粋経験② 第一編「純粋経験」第一章
11月13日(日) 思惟① 第一編「純粋経験」第二章
12月18日(日) 思惟② 第一編「純粋経験」第二章
1月22日(日) 意志① 第一編「純粋経験」第三章
2月19日(日) 意志② 第一編「純粋経験」第三章
3月12日(日) 知的直観 第一編「純粋経験」第四章
講  師 大熊 玄 氏(立教大学准教授)
テキスト 西田幾多郎『善の研究』



平成27年度に開催した講座

【第35回夏期哲学講座】

平成27年8月22日(土)-8月25日(火)
講師 松丸壽雄(主任講師/獨協大学教授) 浅見洋(石川看護大学教授) 米山優(名古屋大学教授) 秋富克哉(京都工芸繊維大学) 杉本耕一(愛媛大学准教授)
要申込 受講料 17,000円 〔学生/かほく市民〕11,000円  →募集要項
申込締切 8月3日(月) ←期限を延長しました  →申込書
公開講演会
 22日(土) 佐伯啓思(京都大学名誉教授)
        「西田哲学と現代」
 23日(日) 大橋容一郎(上智大学教授)
        「明治大正期の思想と西田哲学―「認識論」をめぐって」
※公開講演会は受講者以外の方もご参加いただけます。一回500円/申込不要



   西田幾多郎哲学講座

【平成27年度 西田幾多郎 哲学講座】


1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。
県内外の大学から講師を招き、西田幾多郎の人物・哲学を中心に、様々な角度から宗教・芸術・倫理などについて学びます。


 期 間  平成27年 4月18日[土]~11月28日[土] (全10回)
 会 場  石川県西田幾多郎記念哲学館
 参加費  1回:500円、年間:2,000円
 申込方法 住所・氏名(フリガナ)・電話番号を、葉書・電話・FAX・E-mailなどにて、
        下記までお申し込みください。申込は、随時受け付けております。
   ※個人情報は、当館主催事業または県民大学校に関する目的以外には使用しません。





  寸心読書会


【平成27年度 寸心読書会 西田幾多郎『善の研究』を読む — 第三篇「善」—】



1947年から続いている、一般の人を対象とした読書会です。
西田幾多郎の代表作『善の研究』の、第三篇「善」を一章ずつ読み進めます。
初めて読む方も、一人ではなかなか読み進められないという方も、お気軽にご参加ください。

日程 5月~平成28年3月 (全10回) / 午後2時~4時
会場 石川県西田幾多郎記念哲学館
講師 大熊 玄 (立教大学准教授)
参加費 飲物代:1回250円 (喫茶室「テオリア」からお好きな飲物を出前します。)
定員 35名 ※要申込、先着順(年間受講できる方)
テキスト 西田幾多郎『善の研究』 (テキストをご持参ください。哲学館でも購入できます。)







このページの先頭へ